アガサクリスティ

アガサクリスティ(短編)「クリスマス・プディングの冒険」もちろん1年中読んでや!

アガサクリスティを読んでいると、時々こう思う。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
 クリスティ、食べることが好きやったんやろな~

それを感じたのは、これを読んだ時だ。

「パディントン発4時50分」

「パディントン発4時50分」詳しくはこちら

クリスティの作品なので勿論ミステリーなのだが、食べ物の描写がとにかくリアル。

ストーリーよりもそちらが気になってしまい、どんなものなんだろう?食べてみたい!とついつい思ってしまうのだ。

今回ご紹介する「クリスマス・プディングの冒険」も、そういったクリスティお得意(?)の食べ物の描写が多い作品だ。

クリスマスプディングの冒険
created by Rinker

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
タイトルも、おいしそうやしなあ

食いしん坊さんは、楽しみが増えるな!

「クリスマス・プディングの冒険」 あらすじ&感想

「クリスマス・プディングの冒険」はこの6話からなる。

  • クリスマス・プディングの冒険(ポアロ)
  • スペイン櫃の秘密(ポアロ)
  • 負け犬(ポアロ)
  • ★二十四羽の黒つぐみ(ポアロ)
  • ★夢(ポアロ)
  • ★グリーンショウ氏の阿房宮(ミス・マープル)

★はネコ缶の好きな作品

 
 
今までの短編集と比べると、話が少ないなあ・・・

と、思う方もいるかもしれない。

でもその分、1話あたりのボリュームが多いので、短編とはいえ読み応えのある作品集になってるで!

早速内容をみていこか

「クリスマス・プディングの冒険」 クリスマス・プディングの冒険

ポアロの元に来た、ジェスモンドと若い王子。

実は王子がちょっとした不注意で、家宝のルビーを若い女性に盗まれてしまったのだ

名誉のために、極秘で捜査してほしいと懇願されるポアロ。

手がかりを求め、キングス・レイシイ家の古城へ行く。

レイシイ家では、古風にクリスマスを祝おうと、若い孫やその友人たちでにぎわっていた。

そこでポアロはこんな手紙をもらう

「プラム・プディングには、決して手を付けない事。
あなたの為を思っている者より」

これは一体どういうことなのか?

果たして家宝のルビーは見つかるのだろうか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ジェスモンド達の話から、キングス・レイシイ邸に話が移るのが少々唐突。

危険な男に振り回されるセーラの胸の内や、心配しながらもセーラを見守るレイシイ夫人、
チーム・若者といった感じの元気なコリン達など、宝石泥棒云々よりも、家族内の葛藤がよく書かれている。

食べ物の描写や、古き良きイギリスのクリスマスの描写がナイス。

犯人はあっと驚くところに・・・。

「クリスマス・プディングの冒険」 スペイン櫃の秘密

リッチ少佐の下男が、パーティのあった翌朝片づけをしようとホールに行くと、なにやらスペイン櫃の下に黒いシミが・・・。

不思議に思い、櫃を開けてみると、そこには男の死体が!

死体の男は、アーノルド・クレイトン

この家の主人・リッチ少佐の友人だった。

前日行われたパーティには、急用で出られないとキャンセルしたはず。

なのになぜ、ここにいるのか?

そしてパーティ会場で、どうやって彼は誰にも見られずに殺されたのだろうか?

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「黄色いアイリス」の「バグダッド大櫃の謎」を、少々膨らませた感じはあるが、ほぼ同じ話(登場人物の名前も同じやないか?)

長編のベースみたいな話はよくあるが、後期の出版には短編から短編もたまにでてくるな~。

もちろんトリックも同じ。

「黄色いアイリス」詳しくはこちら

「クリスマス・プディングの冒険」 負け犬

ルーベン卿が何者かに殺された。

執事はルーベン卿が死んだ直前に、甥のチャールズ・レバースンが会いに行き、彼の悲鳴と何かが倒れる音を聞いている。

チャールズは後に逮捕される。

だがルーベン卿の妻・アストウェル夫人は絶対にチャールズは無実で、秘書のトレファシスが犯人だと根拠もなく言い張る。

アストウェル夫人の話相手、リリーがポアロの元に派遣され、事件解決を依頼するが・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ミステリーらしい話で、伏線の貼り方も、「死との約束」を思わせる細かい時系列もナイス。

ただ後半、ちょっとだれたのが残念~。

もう少し短くしたら話がシャキッとしたのではないだろうか。

少々ギョッとするタイトルやけど、ラストで納得。

「死との約束」詳しくはこちら

「クリスマス・プディングの冒険」 二十四羽の黒つぐみ

料理店「ギャラント・エンデヴァ」に、毎週火・木と決まってくる常連客がいた。

注文するものも必ず同じで、ウェイトレスたちは「古時計さん」などと呼んでいた。

ところがある日、突然月曜日に来たうえ、今まで全く注文したこともなかった料理を食べて帰る。

なんだろう?と、不審に思っていたウェイトレスたちだったが、その後「古時計さん」は姿を見せなくなった。

これは何かあると思ったポアロ。
調査を始めていくが・・・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「24羽の黒つぐみ」は、「ポケットにライ麦を」でも使われていたから、クリスティはかなり好きだったのではないか。

外食産業に勤めていたネコ缶も、こんな古時計さんと呼びたくなる人は見た事は何度もある。(急に来なくなって心配したことも)

この話も食べ物の描写がナイスやで!

「ポケットにライ麦を」詳しくはこちら

「クリスマス・プディングの冒険」 夢

変わり者の大富豪、ベネディクト・フォーリーに呼び出されたポアロ。

ベネディクトはポアロにこう言った

同じ夢を毎晩見る。
デスクに私は座って書き物をしているが、時計を見るといつも3時28分なのだ。

そしてその時計を見た後は・・・・必ず私は、ピストル自殺してしまうのだ!

その後、目が覚めるという。

医者と相談しても、解決しないとのことだ

ポアロはいったん帰宅するが、1週間後、なんとべネディクトがピストル自殺をしてしまったと電話が入る。

そして自殺した時間は、モチロン3時28分で・・

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
ちょっと「うーん」と思うところはあるが(眼鏡のトリック)ナイスな話。

夢の内容と、犯罪を結び付けようとしすぎると失敗するで!

「クリスマス・プディングの冒険」 グリーンショウ氏の阿房宮

これ作り上げた頃に破産をしてしまったという、ラサニエル・グリーンショウ氏の大豪邸は「阿房宮」と呼ばれている。

今は彼の孫の老嬢が、メイドのミセス・クレスウェルと庭師のアルフレッドと暮らしていた。

老嬢ミス・グリーンショウは、レイモンドと客のホレイスが阿房宮の見学に来た時に遺言状を書く。

そこには全財産を家政婦のミセス・クレスウェルに譲るとあった。

だが遺言状を書き上げた直後、ミス・グリーンショウは何者かに殺されてしまう・・・。

「クリスマス・プディング」唯一のミス・マープルもの

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
「阿房宮」という名前なので、途方もなくでかいお屋敷やったんやろうなあと思う。
(クリスティの知性が光るな)

短い中にぎゅうっと色々詰まった、濃くてよくできた話なので、2回くらい読もな

アガサクリスティ「クリスマス・プディングの冒険」 まとめ

クリスマスプディングの冒険
created by Rinker

ネコ缶評価

短編とはいいつつ、1話平均90ページ強。

短い中に、伏線もトリックもばっちりの(少し狙いすぎの感も)読み応えのある作品ばかりだった。

ネコ缶さとこ
ネコ缶さとこ
登場人物もほどよい人数やったしな!

ポアロの短編が読みたい人は、「ヘラクレスの冒険」と共に、ぜひ押さえておくべし。

「ヘラクレスの冒険」詳しくはこちら

本で床が抜けそうになっている方・人に見られたくない本が欲しい方はこちら!⇒読書好きを救うもの!それは「キンドルペーパーホワイト」

こちらの記事もおすすめ!
アガサクリスティ

アガサクリスティ「なぜエヴァンズに頼まなかったのか?」は「こんなに面白いのになんで有名じゃないの」シリーズ⑨に決定しました!

2021年3月10日
主婦・ネコ缶さとこのミステリー読書ブログ
アガサクリスティにはノンシリーズといわれているもの(ポアロもマープルも出てこないもの)がある。 その最高峰の傑作がこれだ 「そし …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です